agaかもしれない!?こんな症状がある人は要注意

agaは短期間で急激に進行するケースがある

agaの怖いところは突発的に発症してしまうことでしょう。例えば20歳のころはフサフサだったのに、25歳で発症して3年ほどでスカスカになってしまう人もいます。agaの発症スイッチが入ってしまうと、抜け毛が顕著に増えていきます。さらに髪の成長期が短くなるので、太く硬く成長できなくなるのです。現在は年齢相応のボリュームがあっても、5年後は著しく毛量が減ってしまう可能性があり、自分だけは大丈夫という思い込みに根拠はありません。

5αリダクターゼを抑制していく対策を

明らかに髪が少ないと感じられるなら、発毛クリニックで薬物治療を受けましょう。agaの原因となる5αリダクターゼを抑制していけば、抜け毛は劇的に少なくなります。1日あたり50~100本くらいの抜け毛があるのは普通ですが、200本を超えるレベルになると多すぎます。髪の成長が追いつかなくなると、次第にボリュームが減っていくのです。ヘアスタイルがうまく決まらなくなった、髪質が縮れるようになった、などと感じたときはagaの始まりだと言われています。

予防対策なら育毛サロンを利用するのもあり

ごく初期のagaであれば、育毛サロンに通って様子を見てみるのもありです。agaは短期間で急激に進行するケースが目立ちますが、緩やかに進行していく人もいます。5αリダクターゼの作用がそれほど強くないのであれば、正しいヘアケアを継続すれば薄毛を止められることがあります。正しいケアを身につける一番よい方法は、育毛サロンのケアを真似することです。ここで洗髪や頭皮マッサージの仕方、育毛剤の塗り方などを学ぶことができます。

agaを京都で選ぶには実績が参考になります。発毛実感率や通院人数がそのサロンの実力の指標です。インターネットや面談で調べることができます。