どんな症状が現れる?!意外と知らないagaとは?


男性ホルモン型脱毛症のagaとは?

agaとは男性ホルモン型脱毛症のことで、成人男性に多く見られる脱毛症のことです。基本的に進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部などの髪の毛が薄くなります。遺伝や男性ホルモンが原因で、様々な症状に悩まされると言われています。特に20代以降の男性に多く、日本人男性の3分の1がagaと考えられているほどです。進行性なので薄毛をそのままにしていると、症状が悪化してしまうこともあります。早めに治療をすることで進行を抑え、髪の毛が抜けるのも防ぐのです。

agaはジヒドロテストステロンと言われる男性ホルモンとテストステロン、還元酸素が結合したホルモンが薄毛を引き起こしているとされています。ジヒドロテストステロンの影響を受けると髪の毛を作っている毛包の成長が遅くなり、毛が育たないうちに抜け落ちしまいます。髪の毛がきちんと成長しにくくなることで、薄毛や抜け毛が目立つようになるのです。

主な治療方法について

治療方法には薬物療法や植毛、光治療や細胞の注入などがあります。最も有効性が高いと言われ、医療機関などで採用されているのが薬物療法です。使う薬はジヒドロテストステロンを抑制するもので、髪の毛が抜けてしまうのを防いでくれます。内服薬と外用薬の2種類あり、抜け毛の状態などによって使い分けるのが大切です。

発毛しやすい薬の一つには、ミノキシジルがあります。これは毛乳頭細胞を刺激する薬で、毛母細胞の増殖を促してくれます。血行も改善され、髪の毛全体に栄養が行き渡るようになるのがメリットです。内服薬と外用薬の2つがありますが、より成分を吸収しやすいとされているのは内服薬です。

agaを仙台で治すときにかかる費用はクリニックの選び方次第で変わります。安くしたいなら通院頻度の低いところを選びましょう。