VIO脱毛を受ける前に自己処理しなければいけない理由

火傷が起こる可能性がある

サロンやクリニックでVIO脱毛を受けたいと考えている人は非常に多いです。デリケートゾーンを処理することで下着内の蒸れを軽減することができ、快適に過ごせるからです。ただサロンでVIO脱毛の施術を受ける前には必ずある程度自分でムダ毛処理をしておかなければいけません。その一番の理由は、火傷のリスクを減らせるからです。そもそも光やレーザーにはメラニン色素にだけ反応する性質があり、その部分に反応して熱エネルギーが加わることで細胞にダメージを与えることができます。毛をきちんと剃った状態ならば、毛根部分にあるメラニン色素にだけ熱エネルギーが発生します。しかし、アンダーヘアが伸びている状態で照射すると毛に熱が加わるため、火傷する可能性が高くなるのです。したがって、施術前には忘れずに自己処理をすることが大事です。

施術時間やお金を節約できる

脱毛の前に自己処理をきちんと行うことで、施術にかかる時間を大幅に短くすることもできます。アンダーヘアの処理をせずにサロンに行った場合、スタッフが代わりにシェーバーを使って剃毛することになります。そのままの状態だと、光やレーザーが効率よく毛根部分に照射されないからです。つまり、アンダーヘアのお手入れの時間の分だけ、施術時間が長くなってしまうというわけです。その他にも、自己処理を忘れた場合、剃毛代を別途請求するサロンは少なくありません。つまり、費用負担が増えてしまうので、お金と時間を節約したいならば自己処理をしていった方がいいでしょう。

Vライン、Iライン、Oラインの3つの部分からなる、陰部周辺のデリケートゾーンの脱毛をVIOライン脱毛といいます