agaの発症原因とは?自分でできる対策も知っておこう


agaが引き起こされる原因

agaは男性型脱毛症と呼ばれ、全ての男性が年齢を問わずに発症する恐れがあります。その発症原因は、大きく分けて3つ挙げられます。まずは強力化した男性ホルモンです。男性ホルモンが血液を通って頭皮に辿り着くと、頭皮の酵素と合体して強力な男性ホルモンに変化します。これにより髪の毛の成長を抑えてしまい、脱毛しやすくなるのです。2つ目の原因は遺伝です。生まれつき強力な男性ホルモンができやすい体質により、agaの発症確率は上がります。

3つ目の原因は生活習慣です。睡眠や運動不足、偏った食生活などを続けていると、髪の毛に必要な栄養が行き渡らなくなります。また、過度な飲酒や喫煙は血流を悪化させてしまうため、注意が必要です。

早めに対策しておこう

agaは進行性であるため、気付いた時には症状が相当進んでいたという男性が多くいます。発症の兆候が見られない場合でも、男性であればいつ発症してもおかしくありません。日頃から対策しておくことが大切です。対策としては、生活習慣の見直しをしましょう。特に食事は栄養バランスを考える必要があります。髪の毛の主成分であるタンパク質、タンパク質の形成を助ける亜鉛、そして血流を良くするビタミンを積極的に取り入れましょう。

食事以外にも、適度な運動や十分な睡眠も必要です。喫煙はなるべく控え、飲酒はほどほどに済ますようにしましょう。また、洗髪の際に頭皮をマッサージすると血流が良くなるため、できれば毎日欠かさずに行うことが大切です。

agaを千葉のクリニックで治療する場合は、薬を使用してゆっくり育毛を促す「育毛コース」と、注入療法で発毛させる「発毛コース」のいずれかを選ぶことができます。